日本山岳写真協会 選抜展

2016年 ―それぞれの山―


 

 

 
No.13  冬の装い   舟橋 恵子  [御在所岳・三重県]
12月も半ばを過ぎると、標高1212mの御在所岳から霧氷の便りが届き始める。山頂一面の霧氷群は、伊勢湾からの湿った風の影響か、昼過ぎても落ちる事は少ない。
1月になると、スキー場がオープンし賑わうが、12月は静かで私は好き。白く装った山頂はウエディングドレスとベールそれとも白無垢の花嫁衣裳。私は霧氷のトンネルを通りながら毎年楽しい一時を過ごす。
協会本部トップへ戻る    別館トップへ